足をついてもいいやんか

のんびり、休憩しながらですよ

iOS10で、懐中電灯機能の明るさが変えられた

仕事の都合で日の出前に起きることが週に何度かあります。

子どもが横に寝ているので、起きても部屋の明かりをつけることはできません。

そこで、iphoneの懐中電灯機能をよく使います。


下の端からスワイプすると出て来ますよ!

今日もこの機能を使い、暗い部屋で出勤の準備をしたのですが、子どもの顔を照らしてしまうこともあり、その瞬間は眩しそうに顔をしかめる事もあります。


なるべく顔を照らさないようにしていますが、いつか起きてしまうのではないかと心配です。


そんな感じで準備している最中、たまたま、懐中電灯機能のアイコンを強く押してしまいました。すると…

ん…?これは…?


試しに暗いを選んで見ました。


ライトがすこし暗くなりました。

当たり前ですが。



ん?これ便利やない?と思い、子どもの顔を照らして見ました。

顔のしかめ方がいつもより少ないです。

これなら少しくらい照らしてしまっても大丈夫かもしれません。





ただ、この方法で同じような使い方をして、子どもが起きてしまっても僕は責任取れません。自己責任でお願いします。