足をついてもいいやんか

のんびり、休憩しながらですよ

今の政治って興味を持てないというか政治家が信用できないんじゃ?

お風呂で頭を洗っていたら、頭の中で思いついたことなのですが…

今の政治家を信用するくらいなら

今の政治家を信用するくらいなら、国民全員に本人認証のできる端末を持ってもらって、直接、今何を優先してほしいのか、必要な政策は何なのかを直接アンケートのような形式ででも投票をして、政治家を経由しない政治をしてほしいなぁってふと思いました。

政治に興味がないわけじゃない。政治家が信用できない・つまらない。

政治家の役割って何だろう。国政の場である国会と国民との間を取り持つ人たちでいいのかな?その人たちが勝手なことをして騒動を勝手に起こして誰が望んでいるのか、必要としているのかわからない、誰がどこから出してきたのかわからない案件についてあーだこーだと話をしてもめているニュースを見て何が面白いんだろう。

すくなくとも、最近の自分が求めているものは一切ないような気がしますよ。

個人的な意見ですけれども、老人を養う世の中を作ってほしくない。

まぁ、政治の話になるとすごい主張したくなるんですが、今の日本作ったのは上の世代方々のおかげだとは思います。ええ。ただ上の方々も苦労はしたんでしょうがおいしい思いもとってもしてますよね。バブルとか。自分が社会人になってからあの頃はよかった、おいしい思いをした、君たちはそれができなくて残念だねと上の世代に言われ引退されていきましたが、そんな世代の老害どもを養いたくないんですが。

年代別意見とか国政に反映できないのですかね

個人の意見を出せる端末機器とかを開発できればそういう意見とかほかにもあると思うんですが、どうでしょう。国会議員というか議員という制度、いります?

その制度に出してるお金で端末整備や国民全員にネットワーク機器を与えて参政を行うとかする方がいいんではないですか?と

政治-政治家-有権者だからだめなのでは?

間に政治家という得体のしれないものを入れるからよくわからんことになってるのであって、政治-有権者ってなったらどうだろう?


と頭を洗いながらかんがえました。あんまり突っ込まないでください。あたま洗いながらガシガシこねくり回しながら出てきた戯言です。


ブログランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


職業としての政治 (岩波文庫)

職業としての政治 (岩波文庫)