足をついてもいいやんか

のんびり、休憩しながらですよ

【水槽】ミナミヌマエビの稚エビが確認できました。

どうも、いちごようかんです。

熱帯魚水槽の最近の様子なんですが、魚やエビが☆になることは殆どなくなっていること。

水槽ガラス面の苔も順調に無くなっていることから、最近記事にしていませんでしたが、少し前に抱卵しているエビがいて楽しみと書いていたのですが、その卵がかえったのか、稚エビが確認できました。

稚エビの様子

ちょっと見にくいですが…

この写真の中に6匹ほどの稚エビが確認できます。

すっごくわかりにくいですけどねw

夏の水槽の課題

さて、熱帯魚水槽なので、年中そこそこの高水温を保つのですが、高水温と言っても26~28度くらいです。

気温が30度を越えだすと水温が上がりすぎてしまいます。

水温が上がることで調子を崩すこともありますし、水温が上がると水中の酸素濃度が下がってしまい、酸欠を起こしてしまう場合もあります。

エビは特に酸欠などは起こしやすい生きものなので、注意が必要かなと思っています。

対策としてはエアレーション(空気のブクブク)を強めておこうかと思っています。


水槽はこんな感じです。