足をついてもいいやんか

のんびり、休憩しながらですよ

【復職30日目】ストレスから気づいた自分でない自分。自分と向き合う時間の必要性

どうも、いちごようかんです。

少し自分の中のバランスがおかしくなってきているような感覚があります。

そのことについて書いていきたいと思います。記事というより記録となる部分もあるかもしれません。
f:id:ichigoyoukan:20170818005915j:plain

ストレスを感じる

ここ最近では感じなかったストレスを持っている感覚が今週の始まりくらいから感じていました。

休職前であればそれは当然のようにあった感覚でありない方がおかしいと思うような感覚ですが、休職で一度 ストレスが軽減されたからか そういった感覚に対して少し敏感になっているような感じなのです。

そのストレスという感覚は体からすると不必要なものであるので無くそうとします。体はストレスをなくすために必要なことを言ってきます。これが欲求なんでしょうね。ストレスをなくすための欲求。

僕の場合はちょっと具体的すぎるかもしれませんが、マスターベーションをしたくなるとかお酒を飲みたくなる、暴食したくなるなどといった欲求として感じていました。

しかし、この欲求をそのまま叶えてしまうのもどうなんだろうと考え、まぁ言ってしまえば放置していました。

ちょうど良いストレスの発散としてブログがはまっていた

また、ちょうどこの時に書いたブログがちょっと乱暴な書き方をしたことと、そこそこのPV数を稼ぎだしたことにより、成功として自分として捉えられたのかストレスは軽減されました。
ichigoyoukan.hatenablog.com
この記事ですね。


ただストレスの原因は解消されていないため、結局解消されてもすぐにストレスを感じ、またストレスを解消しようとします。今度は前回成功したブログで解消しようとしました。

それがこの記事の前2つの記事です。
ichigoyoukan.hatenablog.com
ichigoyoukan.hatenablog.com

全く反応なしで面白いくらいでした。

ストレスの発散として質のない記事をいても本当にダメだなと教えられました。

しかし、ここで気づくことができました。
そういえば、ストレスの感覚を持っていたこと。たまたまブログのPV数で一旦解消できていたこと。そしてそのストレスの原因が何なのか、まだわかっていないことに。

で、このストレスの原因は一体なんなのだろうかと考えてみました。

生活は順調

仕事では与えられた仕事のみをこなせばよく、追加で言われる場合は拒否することも可能な状態にしてもらっています。
家ではストレスの原因となるような出来事はなく順調とも言える状態です。

また、近々今住んでいる実家を出ようと考えているのですが、そのことに関しても計画通り動けており順調です。

順調なことばっかりだと思ったのです。

心の中にあった新しい思い

しかし、今服薬している薬のせいか、もともと持っている性格なのかわかりませんが、何か物足りなさを持っているような感覚があることに気づきました。

服薬している抗不安薬で自分の気持ちや考えを素直に表現することができるようになっています。この薬にはこう言った効果もあるんだなぁと驚いているのですが、その分今までは出ていなかったような考えや感情も出てきたり発見するようなこともあります。

今回は、物足りなさ だと思いました。仕事で実績を作りたいという思いが心の中にあることに気がつきました。

自分はもっとできる。今飲んでいる薬のおかげではあるが、苦手だったこともできるようになっているし、ストレスになるかもと思って避けていることも実際は可能であることを本当は言ってしまいたい。今ままで通りの仕事を振ってほしい。その上で必ず達成して実績を作ってみせる。

というような気持ちがあることに気がつきました。

実際に上司と仕事に関してどうしてもとお願いして参加させてもらうものがあったり、提案してやらせてもらったものがひと段落していたりと色々ともうすでに動いている状態なのです。

正直なところこの状態はあまり良くないと自分では思います。しかし自分では何か止められないような感覚もあり、自分の中でぶつかり合っている状態が出来上がってしまっている。これがストレスの原因ではないかと考えました。

自分を知るということ。向き合うということ。自己覚知。

とりあえず、今 実際に参加させてもらってる仕事は頑張らせてもらって一旦自分自身の整理を行わないといけないなぁと思います。

自分という人間はもっと穏やかでだらだらとしていると思っていました。こんな風に自分から動き結果を求めるようなタイプの人間ではないと。

しかし、実際に動いてしまうほどの状態になってしまっていることから、自分がどういう人間なのか再び知って行く必要があると感じました。

自分を多角的に観て、どういう風になりたいのか、しっかりと考えるための時間が必要だと思っています。