足をついてもいいやんか

のんびり、休憩しながらですよ

【中古マンション 購入記 Vol.2】不動産屋で流れの説明とローンの事前審査の話をしていたら気力を使い果たした話。

どうも、いちごようかんです。

ichigoyoukan.hatenablog.com
この記事の続きになります。

f:id:ichigoyoukan:20170909074806j:plain

不動産屋へ

物件を見た後は担当者の方と不動産屋へ行きました。

もうその物件1件に絞っていたので他を見るか聞かれましたが、条件的な話などでそこだけと言うことになりましたので。

で、僕たちの作戦としては交渉基本的に嫁が行うことにしていました。

どうしても対人関係が苦手な僕が抗不安薬を飲んでいる状態とはいえ、交渉の表に出るのはあまりしたくない状態であること。
住む場所に対してのイメージをしっかりと持っているのはの方であることから、曖昧なイメージしか持っていない僕が交渉を行い色々と決めて後からこうじゃなかったとなるよりはいいと思ったのです。

もちろん二人で相談はしますし僕も意見は言います。

そんな感じで行くことを決めて不動産屋へいき、担当者の方と色々な話をして行くことになりました。

グイグイ突っ込んで行く嫁

テーブルに案内されて、末っ子ちゃんは少しおもちゃのあるスペースで遊ばせている間に話を進めていきます。

で、物件の感想などを言い始めたら嫁はもうすごい勢いでここはこうだった、ここはこう言う感じにしたいともう買ったような勢いでリフォーム屋に相談してるような話をするので横から聞いてびっくりしていました。

で、不動産屋の担当者さんが「お気に入りいただけたようですね〜」と購入に関しての契約の流れ・お金の流れを説明してくれました。

早速嫁が値段に関しての交渉に入り出して、もう僕はすげぇなぁとしか思えない。もう自分は空気だ みたいな感じになりましたね。

値段に関してはほとんど下がらないこと、理由は人気のマンションで中古マンションとはいえ つい最近に上階で今回提示されている金額より高い金額での売買が成立していること、売主がローン返済が残っているので値下げに同意はしないであろうことということを理由としてあげていました。

これに関しては仕方のない部分かと思い二人で納得しました。担当者さんはまぁ、端数のこの部分くらいはと向こうもできるだけのことをしてくれるということなのでその辺りでの妥協ということになります。

ローン事前審査書類の記入

で、購入するにしても何にしてもローンが審査に通らないといけません。

35歳で子供が3人、嫁は専業主婦で年収は◯百万円。正直どこまでローンが出るか心配ではあります。今回のマンションもリフォームなしなら行けるとは思いましたが、リフォームなしで住むには少し不満があります。その辺りのお金がどこまで下りるのか心配しながら2社のローン事前審査を受けることになりました。

1社は普通に仕事と継続年数や家族構成など必要なことを書いて行くだけでしたが、もう一社の方は少し変わっていて自分の持っている国家資格をかく欄があり、さらにそれを証明する書類を添付してほしいと言われました。査定に影響があるようです。

自分の場合国家資格となると、介護福祉士・社会福祉士・調理師のあたりかなとこの三つを書いて、証明書は後から持ってきますということになりました。
このほかにも源泉徴収や住民税の通知書なども必要なのでここまでで一旦お店を後にすることになりました。

対人恐怖症?

で、この書類を書いている時にやはり相手担当さんに見られながら字を書いていると意識してしまうと手が震えてしまい文字を書けなくなるほどの状態になりました。抗不安薬も定時に飲む分と頓服も服用している状態であったのにです。

嫁が意識的に図面に視線を向けてくれたり他の話をしているよということを僕に示してくれたので、特に相手に何か察知されることなく書き切れたとは思いますが、やはりこういった対人面の苦手さであったりというのは出てくるなぁと思い、交渉は嫁が行うという方針を決めておいてよかったと思いました。

手付金をどうしよう

で、交渉を進めて行く段階の途中、ローンの事前審査が通り購入できる事がわかった状態になると手付金というのを納めないといけないそうです。

こういう情報を事前にほとんど集めていなかったのでそんなお金ないぞと内心思っていました。数ヶ月の休職で貯金もほぼそこをつきかけており、休職手当などがおりてくればある程度の補填はできますがこの段階でまだおりてこないので不安はありました。

この手付金、購入物件の5〜10%が相場という事なのでそこそこの金額が必要となります。

これに関しては何とかしないといけません。手が思いつかないわけではないですが……

対人交渉後の疲れ

この後、僕自身は交渉というか話もほとんどしていないのですが、気力を使い果たし疲れはてて家について寝込んでしまう状態に。

やはり対人恐怖症や様々な不安症状からかなり無理をしていた状態だったようです。

本当にこんなので大丈夫なのかなぁと思いますが何とか頑張っていきたいと思います。


続きはこちら
ichigoyoukan.hatenablog.com