足をついてもいいやんか

のんびり、休憩しながらですよ

もし、感情や感覚が他者に伝える事ができたなら。

どうも、いちごようかんです。

最近の精神科通院は妻が必ず来ており、ドクターもそうして欲しいと言っています。
客観的な日常の様子を知りたいというところからだと思われますが、妻にも予定はありますしあまり時間を割いてもらうのも申し訳ないと思うのです。

もし、自分の感情や感覚、または脳内の状態を可視化できる機械があったら

もし、精神科に感情や感覚を可視化できるような機械、というか医療器具があれば、付き添いで来てもらっている妻はいらなくなるなぁと思うのです。
他の診察科は実際に血液を検査したり、エコーやCT、MRIなど患部を見る事ができますが、精神科って基本的に自分の感覚を伝えて、それをドクターが判断するだけなんですよね。

ドクターとの会話の中からドクターの経験で引っかかる言葉を聴きとり、それを処方箋に落として言って服薬治療をする。
その結果を次の通院で伝え、どうするかをまた話をする。

これの繰り返しなんですよね。

それで、最終的に合う薬を探していく。

時間もかかるし、体に負担もかかる。合う薬が見つかるまでは仕事に復帰もできない。

でも、もし感覚や感情、脳内伝達物質の動き方や量がわかる医療器具が開発されたら。
すぐにとは言わなくても今のように時間をかける必要がなくなるんじゃないかなぁと思うのです。

最近、焦りがすごいです。

ここ数日、何もしていないと落ち着かない。何か作業があるとありがたく感じてしまう。
でも、イライラもしているからどんな作業でもいいわけではないので、とっても困ります。

上に書いた事も早く復帰したいから、こんなこと考えてしまうのかなと思っています。

何をどうなっても、おそらく職場も病院も妻も引っ越しの終わる3月一杯までは復職させないような雰囲気で事を進めています。

僕自身はそれに納得していないわけではなく、引っ越しという環境の変化が一旦落ち着いてから復帰でいいと思っています。

それでも焦ってしまうのです。働かなければいけない、家族を養わないと、いつまでも親に頼っているわけにはいかない。

そうしないと社会から置いていかれるような、社会から追い出されるような気持ちになるのです。

意味もなく焦っているように妻には思われているようですが、自分自身そんな事で焦る必要はないとわかっていますが。

それでも焦ってしまうのです。

病気を隠さないでいたい

焦りと同時に考えることは、双極性障害と診断された事を隠したくないと思う事です。

むしろ、それはどういう病気なの?と興味を持たれるくらいになりたいと思っています。

できればWikipediaとかで調べてもらいたいけれども他人の病気を調べるほどの人ってほとんどいないと思います。

だから、自分と関わる人には自分は双極性障害と診断されているとはじめに言います。そして説明します。

病気を利用したいと思っているわけではないです。ただ、知って欲しい。そして社会から追い出すのをやめて欲しいだけです。

別に追い出そうなんてしてないと思うかもしれませんが、そのように感じてしまうのです。

ノーマライゼーションという言葉があります。僕も全てノーマルな人と同じ事がしたいです。だから敢えて隠すことはせずにいます。

実際に自分以外の誰かと行動する場合双極性障害の、特に躁状態の説明はして置いて、躁状態みたいだよという客観的指摘は欲しいと思います。

時々自分で理由もなく多幸感や万能感を感じる事があり自分で気づく事もありますが、大抵は妻が教えてくれます。客観的に見れる人はいてくれると安心できるのです。

そのためにもできるだけ病気である事を知ってもらい説明して客観的に見てもらいたいと思っています。

説明してその時点でもう受け付けられないという人はそれはそれで構わないと思っています。その人の価値観を曲げてまで人に合わせる必要はないと思いますが、僕がその場にいる事を容認だけしてください。追い出さないでください。お願いします。関わりませんから。

当事者として

僕も躁状態で不穏な状態になると物を壊したり人に当たったりする事があります。基本的に外では抑えていますが、その時に自分自身の胸を強く叩いたりしてイライラや焦燥感を抑えたりします。

何してるの?と言ってくれていいんです。説明しますから。

何あいつ?変なのと思ってくれても構いません。その代わりに追い出さないでください。

お願いします。

感情や感覚が他者に伝える事ができればなと、こういう時に思います。