足をついてもいいやんか

のんびり、休憩しながらですよ

関西圏に住む僕がモバイルSuicaを作った理由

どうも、いちごようかんです。

先日、定期の期間中に復帰は難しいだろうと考え、ICOCAに入れていた定期を払い戻しました。
僕はICOCAでもスマートICOCAにしていたので駅で現金なしでチャージはできたのですが、Suicaはアプリからチャージができるという利点があります。

現物のカードなしで作れる

モバイルSuicaアプリというのがあるので、そこから仮想のカードを作ります。

名前等の登録を済ますと、iPhoneに作るかApple Watchに作るか聞かれたのでApple Watchにしたんですが、エラーが出たので、一旦iPhoneに作ってそれから移動させました。カードの移動はiPhoneのWatchのアプリ内のWalletとApple Payから移動させる事ができます。

iPhoneとApple Watch、2台で1枚のカードの共有はできない

僕はてっきり1枚のカードでiPhoneとApple Watch両方で使えるのかと思っていたのですが、そうではないようです。

もう一枚作ってとも考えましたが、どのカード(端末)で入っていたのか覚えていないといけない煩わしさを考えるとSuicaはApple Watchと決めておいたほうがいいかなぁと思い、Apple Watchだけにしました。

何が便利なのか

さて、関西圏でSuicaを使う利点ですがやっぱりチャージがいつでもできるというところだと思います。

いくつかのカードでは残高が減ったら自動チャージなどもありますが、いつでもどこでもチャージできるというのは強みだなぁと思います。

ICOCAとか頑張ってくれればありがたいんですが、当分対応してくれそうにないので、普段普通に乗る分にはSuicaを使おうと思います。