足をついてもいいやんか

のんびり、休憩しながらですよ

EP-803AからEW-M770TWへ

開梱作業から設置作業、設定は動画にしてみました。

以前はEP-803Aというもうかなり古いプリンターを使っていました。

純正インクを使うとかなり印刷コストがかかるため、互換インクを使いながらの使用でした。

その為か、写真などの色が悪く、思った通りに印刷できないことが増えていました。

そこで、プリンターを買い換えることにしたのですが、条件としてエコタンク搭載型であることと、CDレーベル印刷対応が必要でした。

それに当てはまったのが、EW-M770TWでした。

サイズ感としてはほぼ同じか少し小さくなったかなという感じです。高さは少し高くなりましたが。

使用感としてはプリンターとしては問題なく、以前までなら対応していなかったiPhoneのairprintにも対応しており使い勝手は良くなりました。

写真も綺麗に印刷されるようになりました。
色が正しく出でいるという感じです。

やはり互換インクと純正インクでは少し色味が違うのだなぁと感じさせられました。


ただ一つ、少し不満点をあげるとするならば、排出トレイを出すために操作パネルを必ず斜めにしなければいけないところが、少し面倒だなぁと思いました。

それ以外では両面印刷も最初から付いてますし、良いプリンターだなぁと思います。

残業禁止の文字が診断書から外れました。

先日、通院に行った時に、前回の診断書を出してもらってからどれくらい経っているか確認をしてもらいました。

するとちょうど6ヶ月前に出してもらっていたところでした。

職場から6ヶ月おき程度の感覚で診断書を出してもらうよう言われていたので診断書を出してもらうことにしました。

2ヶ月程度は安定していた状態だったので。

ドクターは最初、そのまま、日勤のみ残業なしの診断書を出しましょうかと提案されました。

しかし、なんとか残業なしは外れないかと言ってみました。できれば日勤のみというのも、と。

ドクターの方はまだ、安定している期間が2ヶ月程度なのでできれば外したくはないのだけれどもと前置きしながら、月の残業時間が30hとかならないですよね?と確認してきました。僕は精々1hとか2hですと返答しました(実際それくらいしかさせてくれない)。ならまぁ、安定しているし残業禁止は外しましょうかと言ってもらうことができました。

次の6ヶ月後で

で、職場からは6ヶ月おきに診断書を提出するようにと言われているわけなので、次の6ヶ月、様子を見て日勤のみという文言を外せるかどうか見てみましょう。ということになりました。

自分としても次の目標ができた感覚でよかったかなぁと思っています。
6ヶ月、安定して仕事をすることができれば日勤のみの文言が外れる。そうすれば今、日勤のみの勤務で他の同僚の方が早出などを引き受けてくれているところに自分も少しは貢献できるなと。

正直、自分の勤務表の日勤の文字が規則的に続いているのと上下の人たちが早出などに不規則に入っているのをみて、迷惑をかけているなぁという感覚があります。

上司にもすいませんという思いがあります。

正直、周りの人にかなり助けられて仕事させてもらえてる状態だなと考えています。

でも、焦らないで行くつもりです

しかし、焦ってまた調子を悪くして欠勤をしたり遅刻や早退をしたりするようになってもいけないと思いますので、ぼちぼちとやって行くつもりです。

アサガオの芽が出始めました

1週間ほど前に植えたアサガオのタネ。

次男くんと一緒に植えたのですが、そのタネが芽を出し始めました。





アサガオの育て方ってどんな感じだったかなぁと思い出しながら、育てていきたいと思います。

小学生の頃は言われるがままに育てていましたが、今は色々と試しながらできますからどういう風になるかは分かりませんが、試行錯誤しながらやっていきたいと思います。

でも、あんまり大きくしないで最終的にはこぢんまりとした感じに仕上げていきたいと思うのですが、そういう風に育てるにはどうすればいいんでしょう。背丈は超えない程度に納めたいなぁと思っています。

とりあえず、しばらくは水やりともう少し大きくなったら支柱を刺すことをしてあげることですね。

母の日の逆襲

母の日。今更ですが過ぎましたよね。

実母にはちゃんと贈り物をしていました。嫁が用意してましたが。

そんな嫁が怒っているのです。私には何もしてくれなかったと。

言い訳

僕の言い分

自分にとって母にあたる人に感謝をする日なのだから、母の日に何かする対象は実母か義母となり、ウチは事情で義母との関係が無いため実母だけでいいんじゃ無いか?

対する嫁の返答

そこじゃ無い。その部分を言っているわけでは無い。

もちろん、僕からの何かがあったら嬉しいが母の日で、あなたの母では無いから期待はしていない。実際は母みたいなこともしてる気がするけど。

そうじゃなくて、子供達がまだ小さいんだから自主的に母の日で動けるわけがないのは少し考えれば分かるはず。

そこで、子供達と一緒になって何かして欲しかった。感謝されていると感じさせてくれることをして欲しかったと言っている。

それに対する僕の返答

こども園や小学校でやるんじゃないの?

嫁の返答

今時片親の家庭も多いからやっているところは少ないらしい。実際ウチの子供達は何もしてないでしょ。長男が今までありがとうっていう謎のメッセージをくれたけど小学校6年生で自主的にやれたからくれただけ。とりあえず、そのメッセージには、ではさようならって返しておいたけれども。

僕の返事

長男よ…大事なところでミスったな。

とりあえず、悪かったです。いう通りです。来年から気をつけます。

嫁の機嫌

嫁の機嫌は超悪くなった。

では、どうすればよかったのか。

ということがありました。

とはいえ、お小遣い等が潤沢にあればプレゼントでも考えるのですが、残念ながら月にそう大した額はもらえておりません。
そんな中で感謝の気持ちを伝えるにはやっぱり子供達と何か手紙やお絵かきをして、いつもありがとうと伝えるしかなかったのかなと反省中です。

あと、来年から気をつけるではなく今からでもやるべきなのか…と思っておりますが、きっとやったところで子供達からの感謝の気持ちは受け取っても僕からの気持ちは一蹴されるでしょう。うん。

世の中的にはどうなんだろう

少し気になるのですが、世の中の旦那様方は奥様方に母の日ということで特別に何かしているのでしょうか。

僕の考えでは前述したように、母に感謝をする日なのだから嫁には結婚記念日や誕生日でいいんじゃないかと思っているのですがどうなのでしょう。

少し意見をもらいたいところであります。

iPhoneXsで写真をとってみました。

iPhoneXsのカメラでどれくらいの写真が撮れるのか、色々とってみました。

綿毛の一本一本も綺麗に撮れていますし、ボケも入っています。

パノラマで撮ってみました。iPhoneのパノラマって最後まで取らなくても途中まででも止められるって知ってました?

カエルちゃん。ケロケロ。

色の映え方が綺麗だなぁと思って撮りました。

被写体に接近して写すことができればボケなどが入る写真になり、そうでない場合は全体的にボケの少ない写真になる印象です。

パノラマ以外は全て普通の写真モードで撮りました。

ポートレートモードがイマイチ使い方がわかりませんが今度使ってみたいと思います。被写体がいればですが(笑)

玉ねぎの収穫…してしまったけど、ちょっと失敗だった。

先週のことですが、実家の家庭菜園に植えていた玉ねぎを収穫しました。

玉ねぎの部分が土から見えてきていたことと、葉がかなり倒れてきたためそろそろかなと思い抜いてみました。

全てが市販のもののようなサイズ…という訳にはいきませんでしたが、大きいものはそこそこの大きさだと思います。

収穫したものがこんな感じ。

で。

困ったのがここから。

本来は抜いて畑でしばらく干せば良いらしいのですが、あいにく次の日からの天気予報は雨。

なので、この日に本来は抜いてはいけなかったのです。

失敗したなぁと後から思いました。

手順をちゃんと調べて行動しないとダメですね。

とはいえ抜いてしまったものを戻すことはできないので、上の葉を少し残して切り取り、コンテナに入れて置いておくことにしました。

あとは水分が多いと思うので、腐らなければ良いのですがと思うところです。

表現の方法

仕事中での話なのでかなりぼかした表現となっています。

通常、人は自分の感情を言葉や文字で表します。

ここで書くのは一般の人からすると通常ではない人たちのことです。

知的障害のある方などで、発語のない方などは、自分の感情をどのように表すのか。

良い感情などは身振りや指差し、声などで表してくれる方が多いですが、悪い感情などは攻撃的になる方が多いような気がします。

ここで、突然なんの話をし始めたのかと思われた方もいるかもしれませんが、要するに自分にその攻撃的な表現方法が向いたのです。

突然のことで驚きました。怪我には至りませんでしたが、すんでのところで避けれたという感じでした。

その人にとってイライラする状況が発生していた状況で僕が近くにいて、その表現が向いてしまったのだと思います。

もし、その人が少しでも発語ができてそのイライラを言葉で表せたならと、僕にそのような表現方法が向くことがなかったんじゃないかと思いますが、仕方ありません。

その人のイライラする環境ができてしまっていた、改善することができなかったためそのようなことが起きてしまったのですから、ある意味自業自得ではあります。

改めて自分の仕事で関わっている人たちというのがどういう人たちであるのか。
環境を整えることがどれだけ大切であるか、再確認した出来事でした。

令和に改元されましたね。

令和へと改元されましたが、僕としては全く実感がありません。

仕事の書類の元号を間違えないように書くくらいでしょうか。

GWも土日のみのお休みだけですし世の中のお祝いモードもどこか別世界で起きていることのようです。

そんなわけで、今日もお仕事だったわけですが、お仕事の前にコンビニに寄りました。

職場の最寄りのコンビニで少し高額な商品とコーヒーなどを買い会計をしつつ、ん?少し高い?と思いながら、お金を払いコンビニを出ました。

で、すっかり忘れてて帰り道、自宅最寄りの駅で電車を降りたあと、ふと気になってレシートを見てみると、謎の「デンキコモノ 50%引き 799」の文字。

買ってもないものが会計に入っていたようで、それで高かったようです。

早速コンビニに電話をして事情をお話させてもらったら、返金させてもらうとのこと。

明日の朝に寄りますと伝え電話は終わりました。


さて、そんな令和のスタートでした。

令和の時代が僕にとって良い時代となれば良いのですがスタートからつまづいた感じが少しします。

dyson V7 Fluffyのヘッドを掃除してみた。

最近、うちで使っているdyson V7 Fluffyのヘッドがゴミを弾いてしまうと妻から言われていました。

だから使えないと。

なので、妻は短いノズルを使って床を這うように掃除機をかけていました。

流石にその姿を見て大変だと思い、ヘッド部分を見てみることにしました。

この先なかなか汚い写真がありますので嫌な方は戻ってくださいね。










f:id:ichigoyoukan:20190424211903j:plain

ヘッドを裏返したところです。ここから少し分解してみました。

f:id:ichigoyoukan:20190424212010j:plain

回転する部分から埃を吸い取る部分が埃で詰まってしまっていたのです。

さらに動きをスムーズにするローラーにも糸のような埃が絡み付いていました。



で、ひたすら埃を取りなんとか使えるくらいに綺麗にしました。

f:id:ichigoyoukan:20190424215823j:plain

使った道具と一応きれいにしたヘッドの写真です。

10円玉は分解し始めるときに必要になります。

あとは綿棒と糸ようじ、毛抜きで掃除をしました。



妻に使ってみた感想を聞くと、「以前よりかなり軽くなった。ちゃんと吸うようになってるよ」とのこと。

成功したようです。

所要時間は30分ほどでした。

dyson V7 Fluffyをお使いの方で最近あまり吸わないという方は試してみてはどうでしょうか。

アサガオを育ててみようと思います

また少し間が空いてしまいました。

今回はアサガオを育ててみようと思ったことを書こうと思います。

結構真面目に育ててみたいなと思っています。

理由は小学校1年生になる子どもが2年生から種をもらってきていて、その種を見て、なんだか懐かしくなったからです。



と、あまり大きな理由ではないですね。

なので飽きたらやめるかもしれません。真面目にと書いておきながらですが。



とりあえず、何か植えようと置いてあったプランター。

雑草だらけでえらいことになっていたのでそれをなんとかしないといけません。

f:id:ichigoyoukan:20190421120650j:plain
雑草だらけのプランター



雑草を抜いてゴミに出そうかとも思いましたが、土にすき込んで見ることにしました。

そして、有機肥料を撒いておいてこんな感じになりました。

f:id:ichigoyoukan:20190421185611j:plain
手入れ後のプランター

これでしばらくの間置いておきます。その間にまた雑草が生えたりや、すき込んだ雑草が枯れてきたりするのでスコップで時折混ぜてやればいいかなぁと思っています。

すぐに種を植えないのにも理由があります。アサガオを植えるのはだいたい5月の中旬らしいのでそれまで待たなければなりません。

そういうわけで今はここまでという感じですね。

手掌多汗症とiPhoneXs(FaceID)

すごく久しぶりの更新。

600記事の記事以降、何かブログ熱みたいなものが無くなってしまっていました。

今回書こうと思ったきっかけは先日スマホをiPhone7プラスからiPhoneXsに機種変更した事で、すごく発信したい、伝えたいと思ったからです。

iPhoneXsの発売から結構経っているので今更かと思われるかもしれませんが、記事を書こうと思うだけの大きな違いがありました。

それは、Touch IDからFace IDに変更されたことで、劇的にiPhoneが使いやすくなったのです。

具体的に書く前に手掌多汗症について少し。

僕の場合精神的な緊張状態などで手から汗がでます。度合いにもよりますが、一番ひどい状態だと、手から汗が滴り落ちる程です。

ここでTouch IDの話なのですがそういう状態ではTouch IDは指紋を認識してくれないのです。

また、ホームボタンが濡れてしまい押しても押されていないと認識されたりします。

非常に不便でした。電車の中などでも汗が出ていたりするので電車でiPhoneのロックを解除するのにすごく手間取ったり、周りの人はそう見てないと思いつつ変な動きをしている人と思われたりしてるんじゃないかと思っていました。

それが、iPhoneXsになりFace IDに変わったことで、まずロックの解除がほぼ確実に解除出来るようになったこと。わざわざ拭いたりするようなことがなくなりました。

もちろんFace IDにも欠点はあるかと思います。
それは今後使っていってわかってくるのかなと思いますが、今のところこのこの利点がかなり大きいと思っています。

手掌多汗症ではない人にとっては何とでもないことかもしれませんが、僕にとっては素晴らしい革新的な事と感じています。

逆に手の乾燥で指紋を読み込まないという人も同じように感じるのではないでしょうか。

そんなところでiPhoneXsに機種変更してまず感じた事でした。

600記事目なのです。

f:id:ichigoyoukan:20190115201634p:plain
600記事目

そういうわけで、この記事を投稿すると、投稿数が600になるという証拠のスクリーンショットになります。

うん、他は特にこれといってネタはないかなぁ。ついでなので他の項目についてもちょっと掘り下げていきますか。

  • アクセス(今日)はもう置いといて(SS撮影時20:30)。いや、こんなブログでもこれだけの数の人が見にきてくれているのだからありがたいことです。
  • アクセス(合計)は153430。15万3430。うん、万が入るといっぱいきてくれてるみたい!実際は後から書くけどブログを長くやっているだけなのですよ。
  • 投稿数 599でこの記事が600記事目。
  • コメント数 14 コメント欄は今は迷惑コメントがあったので閉じてしまっています。英語だったしスパムぽかったのでよく分からなかったのもあり閉じました。
  • 総スター数 1761 600で割ってみると2.935。うん1記事平均2.9スターって予想以上に少ないなぁ。ちょっとがっくり。
  • 読者数 160 これはもう有難う御座いますというしかありません。こんなブログですが読者登録していただいて本当に有難う御座います。
  • ブログ日数 465日 これはブログを書いた日数ですね。1日に2本記事を書いたりする場合もあったので投稿数とは一緒になっていません。まぁ、これだけの日数書いているんだなぁと改めてみてみると、改めてみてみると、なんだろう。凄いのかな?凄くないのかな?
  • 継続日数 1日 できれば継続してかければいいんですが無理はしない主義。
  • ブログ作成日 2012-02-07 なんともうすぐ7年になるんですねこのブログ。こっちの方が驚きかも。
  • 総ブックマーク数 486 ブックマークもこんなに頂いていたとは驚きでした。でもこのうちのいくつかはセルクマだと思うから他の人からもらった数は実際いくつくらいなんでしょうかねぇ


というわけでブログの数字を少し掘り下げてみました。

やっぱり一番の驚きは600記事よりもブログ作成日だなぁという意外な結末に終わりました。

じゃあ、ブログ7周年記念でもやるのかというと多分忘れていると思うのでやらないと思います。

はい。

では、こんな感じで♪( ´θ`)ノ

ハッとして一歩下がる

こんなことがありました。

あまりいいニュースではないことも聞いた、言いにくい休みを欲しいことを伝えた。

そのほかにも色々とあり、今日は疲れていたと自覚している。

しかし、鬱や躁の状態ではなかったと思う。

それでもツイートに書いたようなことを考えてしまった。


何故かっていうと最近多汗症のことについて書いているけれども、やっぱり病院に行ったりそのことについて書いたりすると、昔にあった多汗症に関することを思い出したりするから。

多汗症に関することはほとんどが嫌なことばかり。

でも、昔治療をしようとした皮膚科があまり専門的なところではなく、今のような漢方の内服薬と塩化アルミニウムの塗布による治療で先ずは始めてみましょうなどと行ってくれるようなところではなかった。

それに思春期もあり、あまり治療に積極的にならず、その頃から人とのコミュニケーションが苦手になってきたのかも知れない。


それと、多汗症。知らない人はやっぱり知らないので説明するんだけども。笑って。なるべく嫌がられないように。

嫌われないように。手を拭いている姿が変な人に見えないように。

それでもすぐに手に汗が出て光ってしまう。手拭いを握ってなんとかごまかして。


社会生活を送る上で不良品っていうのは、社会生活の中で一番基本なのって接触するコミュニケーションだと思う。

基本というか中核というか。日本は言語コミュニケーションが主で他人とのコミュニケーションで接触することってなかなかないとは思うけれども、でも大事なコミュニケーションは接触することだってみんなわかってると思う。

恋人なら手を繋ぐだろう。僕にはそれが難しかった。親子なら手を繋ぐだろう。僕は最近それを拒否される。子供のほっぺをギュって挟みたい。濡れるからやめてって言われてしまった。

きっと、握手を求められると手をしっかり拭いて握手するだろう。それでも常に汗に濡れている手は、水をふんだんに含んでシワシワで独特の感触。怪訝な顔で一瞬見られ握手はすぐに解かれるだろう。

それくらいに接触というコミュニケーションが僕には使えないのだ。

不良品の手だと思う。


ただ、今は病院に行きだした。この不良品の手をなんとか少しでもコミュニケーションに使える手になれるように。

希望はまだある。ここでハッとした。

知らぬ間に点字タイルを踏んでいた足は一歩下がった。

多汗症の診察

今日、多汗症の診察をしてもらいに皮膚科に行ってきました。

かなーり待ち時間がありましたが、そこは精神科での待ち時間の長さで耐性が出来ているのでへっちゃらです。

待ち時間が長いので外に出られますよね?って聞いてきた受付の看護師さんにいえ、待ちますと言った時の顔がええぇっ!?と言う感じでした。ニヤリ。

で、ながーい待ち時間を何をするでもなく、と言うか携帯触ってると汗出てくるし何をするでもなく手拭いをにぎにぎしながら待っていたら自分の名前が呼ばれたので診察室へ。

初診の問診票からお薬の情報などが先生に行っていたせいかパニック障害ですか?とまず聞かれましたが、落ち着いて双極性障害と不安障害ですと答えました。

で、そのあと手を見せると先生もあーこれだといろいろ大変ですねと言われ、最近まで休職していて復職したらひどくなっているように感じることや、仕事がどんな仕事をしているかなど少し話をしました。

で、多汗症はこれ!っといった治療薬や治療法が無いのでいろいろ試していきましょうと言われました。

で、まずは漢方と塩化アルミニウムを試してみましょうと言うことで診察は終わりました。


看護師さんに別室に連れて行かれ、塩化アルミニウムの説明を聞き、使い方を教えてもらったり、これに関しては保険が効かないこと、お値段などの相談をして使うことにしました。

で、診察は終わって、会計を終え、院外処方のお薬を受け取りお家に帰ってまずは漢方を飲もうとお薬を出しました。

ツムラの防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)と言うお薬で食間、もしくは食前に飲むように指示されています。

ちょうどお昼ご飯を食べる前だったので飲んじゃえと言うことで飲んでみました。

でしばらくすると早速汗が出にくいような感じがしてきました。

ただ、手のひらをこするなどの刺激をすると簡単にまた出てくる感じ。

しかし以前のようにだらだらと出るような感じではなくじわぁっと出るくらいに抑えられています。


これは1回飲んだだけですごいなぁと思いつつ、うまくいけば手汗に悩まなくて済む日がくるかもしれないと思えてきました。

病院の問診票でもそうでした。役所の書類なんかもそう。少し遡れば学校でノートを取るとき。テストを受ける時なんて必死でした。

早く、汗が出る前に、しみこむ前に書かないと紙がふにゃってなってしまう。ふにゃってなってしまった所に文字を書く場所があると文字が書けなくなってしまう。そんな思いから解放される。

仕事でもメモを有効に使ったり会議録など上手に書くことができたりこれからできるようになるかも知れない。

また、ゲーム機のコントローラーが潰れたりすることがこれからはなくなるかも知れない(これを書いている時点でニンテンドースイッチのジョイコンが少しおかしくなってきています)


あまり先に期待ばかりしてしまうと、うまく行かなかった時の落胆が大きいのでこれくらいにしますが、それくらいに汗が出なくなると言うことは僕の生活の中では大きなことなのです。

なんとか、汗がこのまま止まればいいなぁと思う所であります。

生きにくさ

生きにくいからと行って突然じゃあ死にたいです。なんてとこまで飛ぶほど極端ではないですが、最近はよく感じます。生きにくさと言う奴を。

ここ数日の記事に書いてある手汗のこともありますが、あれはまだ見てもらって少し説明すれば理解してもらえるのでそんなにここで言う生きづらさと言う奴の中では辛くはない方ですね。不便ではありますが。

じゃあ、何が生きにくいの?と問われるとなんだろう、となることもあれば、こう言うこと!ってすぐ主張できることもある。


僕で言うと双極性障害や不安障害って言うわかりやすい形になっているけれども、多分誰でもが生きにくさって持ってると思う。

要は社会の常識、行ってみれば常識とされる側の人間と自分の認知、行動にズレがあるってそれがひどくなってくると生きにくさに繋がっていくんじゃないかと思う。

常識とされる側の人間はマジョリティ。多数派。もしくは力を持つ人たち。お金や地位とかですよね。

そう言う人たちに当たり前にできると思われることが出来ない、もしくはそれを行うことに大きな労力が必要。そんな時に僕は辛さを感じます。

そうして僕は生きにくさを感じる状況になります。



かと言って、全面的にマイノリティかと言われればそうではないと思います。

マジョリティに入る部分もあるでしょう。

図があれば分かりやすいんでしょうが、社会の常識的な部分に大半は入っていて少しはみ出している部分がある。

そこが辛い。

多分自分はそんな感じなんだと思います。


そのはみ出している部分を埋めてくれる場所やモノを見つけるのか、自分を変えていく方がいいのかそれは分かりませんが。



プラス思考で個性だなんて言えるほど良いことではないのでそう言う思考にはなりません。

不安障害、双極性障害、手掌多汗症、どこにプラスの要素が。

でもたかがそれくらいでって言われるのかもしれませんね。でも僕にとってはそれくらいのことなのです。



とりあえず、明日、手掌多汗症も見てくれると言う病院に行ってみることにしました。

どうなるかは分かりませんがいい方向に向かえばいいなと思います。