足をついてもいいやんか

のんびり、休憩しながらですよ

コミュニケーションにも色々なカタチがありますね

どうも、いちごようかんです。

僕は結婚してもう5年になりますが、共通の趣味とかそういうのはありませんが、妻とは仲のいい方だとおもっています。
普段の平日は仕事の関係もありほとんど会話する時間も取れないくらいですが、休日はそれなりに会話もしますし、子どもたちもついてきますがお出かけなどもします。

ただ、最近始まった新しいコミュニケーションはなかなか特殊ではないかなぁとおもうのです。

始まりの美容院

ことの始まりは妻と子どもたちが通っている美容院に僕がいったことです。

その時のことは記事にしていますね。

ichigoyoukan.hatenablog.com

その時に眉毛の形や長さの御手入れもしもらったんですよね。どうも僕はこういう、美容関係というかそういうのは理解できなくて、どうしたらいいのかわからないなぁと思いながら言わるがままにされていたら何やら良い感じにしてもらえたのですが、これで困るのが維持と管理ですよね。

で、少し立ってから剃った部分が生えてきた感じがしていたため嫁にどうするればよいか聞いてみたのです。

すると「じゃぁ、いいかんじにやってあげるよ」とお返事をもらって、子どもたちを寝かしつけてからしてあげる~と言われました。

嫌らしい意味じゃなくてですよ。多分カミソリとか使うから子どもたち近くで遊んだりしない時間帯にという意味でですよ。

嫁による手入れ

で、子どもたちを寝かしつけてどうするのかなぁと思っていたら、毛抜一個持ってやってきました。剃るより抜くほうが生えてくるまでの時間が違うしこっちのほうがいいよとのことだったので任せることにしました。

一本一本痛くないように皮膚を引っ張り丁寧にやってくれたと思います。

大体1週間に1回くらいやっておけば問題ないと思うよと言われたので、じゃあまた来週お願いねといい、約束しました。

次の週は手入れではなく毛抜攻めだった

で、翌週。

そろそろかと思ったのでお願いしたらニヤニヤしながらOKしてくれました。
この時点でなにかおかしいと感じましたが、自分ではできないことなので してもらうしか無いのです。おかしいと思おうが どうであろうが してもらうしか無いので、また子どもたちを寝かしつけて、お願いしました。

するとなんということでしょう。

眉毛だけかと思っていたらまず始まったのは鼻毛抜きでした。
確かに鼻毛が出ているのは見栄え的には良くないことだとおもます。しかしそこは自分で定期的にカットしていて鼻から出ていないことは確認済みなのです。

しかし、鼻を摘んだり引っ張ったりして出て来る毛という毛をどんどんと抜いていくのです。

またクシャミが出ないように鼻をつまんだりしながらそれはそれは的確に抜いていくのです。

文句をいうと、「これも身だしなみ」と冷たくもニヤリとした表情で言われてしまいます。

その後、眉毛の手入れをされ、適当に剃ってしまっていたため伸びたものがあった髭まで抜かれてその日は終わりました。

そして嬉しそうに、「来週もやったげるね」と言われました。

そこまで嫌だと思っていない。いやむしろ…

そして一番の問題はここまでされているのに、そんなに嫌な気がしていない僕は一体どうしてしまったのでしょうか。

一本抜かれるたびに痛みが走り痛いはずなのに…

嫌じゃないんです。これがM属性というやつですか?

このことをしている時はいろいろと痛みもありますが話もできますしコミュニケーションを取れているなぁと感じるのです。

変なのかもしれませんが、僕はこの時間が結構好きだなと思ってしまっています。

痛みは嫌ですが、こういう時間のためなら仕方ないかと思ってしまうのです。

この気持は一体何なんでしょうか。

コミュニケーション、とっていますか?

さて、まぁ僕のアブノーマルっぽいコミュニケーションはいいとして、読んでくださっているみなさんは大事な人とのコミュニケーションは取れていますか?

会話だけがコミュニケーションではありません。

どんなカタチであれ、良いコミュニケーションをとりいい関係を続けていてけたらいいなと思っています。

驚きの毛抜き 先丸タイプ(ブラック) GT-223

驚きの毛抜き 先丸タイプ(ブラック) GT-223