足をついてもいいやんか

のんびり、休憩しながらですよ

通院日でしたので通院してきました。

どうも、いちごようかんです。
通院日でしたので病院に行ってきました。

薬の増量

1週間の様子をはなして、寝れていないことなどをつたえました。

とりあえず前回変更された薬が倍量に増えました。

というか、精神系の薬ってどれも少しづつ調整していくって感じなんでしょうね。

暴れた時用に新しく頓服をだしてもらいました

あと、暴れてしまった時、または暴れそうな時に使えるように頓服薬を出してもらいました。
眠前と同じ薬の半分の量を頓服として飲むようです。

結構頑張って暴れないように抑えるのですが、それでも暴れてしまいました。
大人の男性が理性なく暴れたら抑えるのはもう大変です。抑えてくれた妻も知らないうちに肘などがぶつかっていたみたいで打ち身を起こしていました。

こういう時に飲める薬があるというだけで、暴れそうな時「もってきて!」といえるだけでものすごく心強く安心できます。
だからといって暴れるわけではないのですけどね。

まだまだ様子見。

とりあえず、今の自分の心境としては、今までのいろいろなことがもしかしたら躁状態が関係していたかもしれないという、病気だったという思いが出てきています。これを落ち着かせて安定させれば大丈夫という気持ちになっています。

また休職も2回目になるとちょっと罪悪感も薄れていますし、逆に焦って早くもどってまた休職することのほうが迷惑をかけることを学びました。職場はまだまだ待ってくれると言ってくれていますし、実際にそれを実行してくれる(待ってくれる)と信頼しています。

なので、前回の休職とは違い落ち着いてのんびりしてますね。
通院もドクターの方から妻もできればきてほしいということも言われてますし、診察後はデート気分です。

ながく、足をついて休憩させてもらいます

足をついてもいいやんかというこのブログのタイトルは、ロードバイクで坂を登る時に足をつかずに登りきることがすごいことだ、目指すことだと他のロードバイクのブログを見てると思っていたんです。しかし楽しむのが一番。しんどくなったら足をついて休憩したっていいじゃないかと自分に言い聞かせるいみでもこのタイトルにしました。

今はロードバイクは乗れていません。というか躁状態での単独行動はやめてほしいと言われているのもありますし。
しかし自分の人生を長い長い山だと考えたら、今は足をついて休憩してもいいときなのかなと思っています。

ローンとかもありますので、長々と休憩はできないかもしれませんが、とりあえず当面は足をついて休憩する予定です。