足をついてもいいやんか

のんびり、休憩しながらですよ

普通の人なら平気な生活リズムのアップダウンも辛いなぁと感じます。

どうも、いちごようかんです。

年の瀬でみなさん大掃除をされているんでしょうね。そういうのが辛いなぁと感じるというお話です。

自分の精神状態は安定を求めているのに、生活は活動を求められる行事ごと。

今は双極性障害で休職しており、ドクターからは躁でもなく鬱でもない安定したところを目指しましょうと言われています。

しかし、実際の生活ではずっと毎日が同じではなく、活動したりする行事が年中散りばめられています。

躁の状態でそういう行事のことが当たれば動けますが動きすぎてトラブルを起こしたりしてしまいます。鬱の時では動けません。


でも、動くことを周りからは求められます。

事情を知っている僕の家族である、妻と子どもたちは動けなくても動きすぎてもフォローをしてくれますが、僕の両親ですら動けないことにはどうして動かないのかと叱咤される事もあります。

本当はみんなと一緒に役割を果たして、その集団の中の一員として認められていたい

行事ごとに参加出来ない場合、例えば、家族親戚の集団の中で陰口のようなものを言われるようになったり、関係が疎遠になったりしてしまいます。

会社でもそうです。復帰したとしても、あれが出来ないこれが出来ない、でもこれはできると言っているとやはり関係がギクシャクすると感じる事もありました。
前回の復帰の時はそういうのを感じさせないようにするために上司があえて、しつこいくらいにこれでいいんだよと言ってくれたのは助かりました。

しかし、理解のない人に当たるととても辛い思いをする事があります。

躁の状態ならなんでも首を突っ込んでかき回して何処かへ行ってしまうという事でこれもまた問題だなぁと感じます。

主観的な判断と客観的な判断が欲しい

さて、自分が躁状態なのか、鬱状態なのか、実は僕は自分ではよくわかって居ません。極端にどちらかによってしまうとなんとなく分かるのですが。

自分の鬱の特徴、躁の特徴についてなんとなくは掴んで居ますが微妙なレベルではわからなかったりします。

鬱の特徴

洗顔や歯磨きなどをめんどくさがる
めっちゃ寝る
とにかく動きたくなくなる
もうほっといてという気持ちになる
憂うつ

躁の特徴

とにかく周りで起きている事全てが気になり、話に入っていく
本当にひどい時は迷惑行為を行ってしまう(軽く法に触れる可能性のあるもの)
眠れない
欲しいものがすぐに絶対に欲しくなる
性欲が増す

こんな感じの特徴があります。

まとめ

なんでこんな記事を書いたかというと、こんな僕が社会に入るためには周りの理解が必要だからです。
鬱、躁の特徴を周りの人には関係性により必要なところまで伝えて居ます。こういう状態の時はこうです。だからこうしてください。という感じで。

一般の人は知らないのでうつ病以外の精神疾患となると身構えてしまうように感じて居ます。

とりあえず、僕の例ではありますがそういう風になるんだと知ってもらえるとありがたいと思い書きました。

もし、あなたの周りに双極性障害の人がいたら参考になるかもしれません。ただ、人によって違うと思うのでこれが全てではありません。

とりあえず、両親に大掃除しろと言われているのですが、ちょっと鬱状態なのか動く気が起きずにお布団の中でだらだらとこの文章を書いています。

では。