足をついてもいいやんか

のんびり、休憩しながらですよ

日本語って難しい。

どうもいちごようかんです。

日本語って難しいなぁと思う日本人です。

前の記事のタイトルについて

さて、前の記事のタイトル「【双極性障害】通院に行ってきました」ですが、通院の時点で病院に行くことを行っているので正しく直すと「病院に診察に行ってくる行ってきました」みたいな感じになってしまいますね。頭痛が痛いと同じような感じ。

直そうかどうしようか、悩んでいますが、こうして記事にしてしまう以上直してしまうわけにはいかないと思うのです。恥を晒し続けるのですね。あはん。マゾです。

専門用語を専門用語ではなく、その言葉を知らない人にもわかりやすく説明するのって難しくないですか

さて、実はもう書こうと思ったネタを書き尽くしたのでここからは絞り出して書いて行きたいと思います。

僕は社会福祉士と介護福祉士と言う資格を持っています。
なので、福祉や介護の専門用語は理解しています。あと連携が必要となる行政や医療の専門用語もある程度の理解はしています。

で、自分が理解しているからと行って、それをその言葉を使わず説明しなさいと言われるとなかなか難しいものがありますよね。

とはいえ、専門用語がなければ例えば、報告書がとてつもなく長くなったり、理解して欲しくない人の前で話ができなかったりしてそれはそれで困るものです。

日本語は日本が誇る文化でもある

まぁ、苦し紛れの文字数稼ぎと思ってくれて構いませんが、日本語ってすごいなぁと思うのです。

そのものの状態を表す言葉でも何種類もあってほんのちょっとづつ、それそのものの意味ではなく、周りの環境に合わせていたり、微妙な差を表していたりしてとっても言葉選びが難しく、また語彙力がないと使いこなせないと言う厄介な言語だなぁと思うわけです。

その厄介な言語を使いこなしている僕たちはとても素晴らしいんじゃないかと無駄に自信を持って行きましょう。

まとめ

自分のミスすらブログのネタに使おうとするのはやめようと思いました。

文字数稼ぐのがとても大変です。

なんと言うか、読んでくれた方、ありがとうございます。