足をついてもいいやんか

のんびり、休憩しながらですよ

スプラトゥーン2でKill/Death率の改善と勝率のアップに必要だったもの

どうも、いちごようかんです。

スプラトゥーン2で最近、Kill/Death率の改善とそれに伴ってか勝率もすこし上がるようになりました。

基本的にナワバリばっかりやっているのでガチで通用するかはわかりませんが、多分通用すると思います。

どうやって改善したか

さて、どうやってKill/Death率の改善ができたかというと、先日行った引っ越しが関係しています。

以前までスプラトゥーン2をやっていた環境と変わったため、引っ越しの日を境に劇的に改善しました。

その日までのKill/Death率は大体0.6~0.8。死ぬほうが多かったのですが、その日からは1を下回る日はほとんど無くなり、平均すると1.8程度になっています。

で、どうやったかというと察しの良い方は気づくかもしれませんが、大きいテレビでプレイするようになったということです。

それまでは、ニンテンドースイッチのテーブルモードや20インチクラスの古いテレビにHDMI2AVIというHDMIを赤白黄の3線に変換するアダプターを使って繋いでいたりと画面が小さくか画質が悪い環境でプレイしていました。

それが引っ越しを気に55インチの最新型のテレビでプレイすることが出来るようになったので、細かい情報まで見ることができます。

イカ潜伏されるとほとんど気づけなかったのが気付けるようになったり、画面の端にすこし写ったインクの跳ねを見逃さなかったりと言うようなものです。

照準を合わせるのもとっても楽になりました。

大きいテレビはいいですね!

そういうわけでプレイ環境の改善というのがKill/Death率の改善につながりました。

なかなかだれにでも直ぐにできるというものではないのですが、もし今小さいテレビやテーブルモードなどでうまくいかないなぁと感じているのであれば、大きいテレビでプレイするのはとても有効だと思います。

ただ、これからもし、Kill/Death率が下がるようであれば・・・
言い訳できなくなりますね。(((゚ー゚)))