足をついてもいいやんか

のんびり、休憩しながらですよ

両耳独立型無線イヤホンのメリットとデメリット

最近、町中でも見る機会が多くなってきて増えてきましたと感じるようになりました。両耳独立型の無線イヤホン。

AppleのAirPodsやその他のメーカーからも出ており選べるようになりました。

しかし、そもそも両耳独立型無線イヤフォンの利点とは何か、と考えた時に有線型や独立型でない無線イヤホンと比べてどれくらいのメリットがあるのか整理していきたいと思います。

また、左右独立型でないイヤフォンや優先イヤフォンのメリットも見ていきたいと思います。

両耳独立型無線イヤフォンのメリットとデメリット

f:id:ichigoyoukan:20180612143731p:plain

メリット

  • 片耳だけでも使える商品もある

僕が実際に試したことのある商品であるAirPodsでは片耳だけ装着すると片耳イヤフォンとして機能します。運転中の通話などでも使うことができて非常に便利に思っています。

  • 意外と電池切れを起こしにくい(充電ポッドなどが付属している場合)

充電ポッドなどが付属されている場合は本体のイヤフォンの使用時間が数時間と短くても充電ポッドに入れている間に充電されるためトータルで考えるとかなりの長い時間使える商品が多いのではないかと思われます。

デメリット

  • イヤフォン自体が小さく軽いため無くしてしまいそうになる、実際なくしてしまう

イヤフォン自体が耳の中にほぼ収まってしまうようなサイズである。また4g~とかなりの軽さなので何かのはずみで取れてしまうとどこに飛んでいってしまうか予想が付きません。

  • 装着感の悪いものだと外れてしまいなくしてしまう

こういう商品なので耳の形との相性はあると思います。
最悪、相性が悪い場合は外れてしまう可能性も考えられます。

  • 付属のケースなどに片付けておかないとどこに行ったかわからなくなる

一度してしまったのですが、机の上においたはずが片耳がどこかへ無くしてしまいかなりの時間探したことがありました。AirPodsは接続中であればiPhoneのiPhoneを探すから音を出したりすることができるので見つけることができましたが、他の商品でのそういう場合の探し方はわかりません。

  • Bluetooth対応でないと使えない

無線イヤフォンなのでBluetoothに対応していないと使えません。
現在発売されているほとんどのスマホなどは対応していると思われますが、古い音楽プレーヤーなどでは対応していないものもあるかもしれません。

無線イヤフォンのメリットとデメリット

f:id:ichigoyoukan:20180612143747p:plain

メリット

  • 両耳は有線あるいはプラスチックなどでくっついているため無くしにくい

両耳のイヤフォンが繋がれているため、片耳が落ちてしまっても両方が落ちてしまうところまで行くことが少なくなる可能性がります。また、落ちてしまっても両方一緒で見つけやすいという利点もありますね。

  • 多少の装着感に違和感があっても落ちて無くしてしまったりということはあまりない

前述の利点からもし落としてしまってもなくしてしまったりすることが少ないとは思われます。

デメリット

  • 電池切れを起こしやすい

充電時間が限られており、充電ポッドなどで外でも充電できる状況でない場合は充電切れを起こしやすいと考えられます。モバイルバッテリーなどでこまめに充電などをしておけば問題ないとは思いますけれども。

  • 片方に引っ張られて両方外れてしまう場合がある

片方のイヤフォンが腕や手などに当ってしまいそのまま反対側のイヤフォンまで引っ張られて外れてしまう可能性がありますね。

  • イヤフォン同士の線が断線してしまう可能性がある

物理的につながっている場合、いつかは切れてしまうものではあるとおもうのですが、断線が起きてしまうと、大抵の場合は使用不可能になってしまう可能性があると思います。

有線イヤフォンのメリットとデメリット

f:id:ichigoyoukan:20180612143802p:plain

メリット

  • 電池切れがない

電源が必要ないため、電池切れなどを考える必要がありません。

  • 比較的イヤフォン全体が大きくなるためにどこに行ったかわからないなどがない

コードを巻くなど必要になってくるため、どこに行ったとかそう行った事が比較的起こりにくいと思います。

  • イヤフォンジャックがあれば機種を選ばない

イヤフォンジャック自体が古くからある規格であるため、古い機種でも使う事ができます。

  • 様々な種類が数多く出ている

高級なものから100均で売っているものまで、かなり選べますよね。

デメリット

  • 有線である事により線が絡まり使いたい時にすぐに使えない事がある

これが有線イヤフォンの一番困りごとではないでしょうか。
電車の中でイヤフォンを取り出して聞こうと思ったら絡まっている。人混みなどでも取り出して絡まっていたらとても困ります。

  • プレーヤーとの線でつながっていることによる動きの制約がある

線でつながっているのでどうしても一旦イヤフォンを耳から外さなければならないとか、カバンから出す時に引っかかるとか、そういう事が起きてしまいます。

  • 断線してしまい使えなくなってしまう可能性がある

独立型でない無線型イヤフォンよりも起こりやすく、起こってしまうと使用不可能になってしまいます。

オススメのイヤフォン

オーディオテクニカ インナーイヤーヘッドホン ブラック ATH-CK330M BK

オーディオテクニカ インナーイヤーヘッドホン ブラック ATH-CK330M BK

まとめ

結局のところはメリットとデメリットを考え選んでいただくのが良いのだとは思います。
自分が使う場面を想像してもらって、今使っているもしくは使おうと考えているものではどういうメリットとデメリットがあるのかを考えて選んでいただければと思います。

最後になりますが僕の場合。
僕はMacユーザーであり、iPhoneを使っているのでAirPodsにしました。
AirPodsはMacとも繋がるのでAirPodsが便利に使えています。
ichigoyoukan.hatenablog.com
ichigoyoukan.hatenablog.com
ichigoyoukan.hatenablog.com