足をついてもいいやんか

のんびり、休憩しながらですよ

りんくう花火大会 関西国際空港から見るのも穴場かも

関西国際空港の対岸、りんくうタウンより打ち上げられる花火大会、りんくう花火大会。

2018年はそのりんくうタウンがある泉佐野市政70周年とも重なり有料観覧席が半額だったり昨年よりもかなり多い7000発の花火が打ち上げられたりと、盛大に行われるようです。

enjoyrinku.com

8月25日の19:00〜20:00に打ち上げられる予定です。

りんくうタウンの対岸には関西国際空港がある

そのりんくう花火大会。通常はりんくうタウンにあるマーブルビーチという海岸から見ることになるのです。

通常花火大会というと大勢の人が集まり人混みが苦手な人だとなかなか大変な思いをします。

だったら、対岸にある関西国際空港の展望台から見てしまえというのがこの記事の主旨です。

関西国際空港展望台 スカイデッキ

www.kansai-airport.or.jp

22時まで空いているので花火の時間は十分に見れますね。

対岸ということで距離はありますが、りんくうタウン側で見るよりも人は少ないかもしれません。

また、花火と飛行機というコラボを楽しむこともできます。

花火だけだと、うーんとなる人も、夜のライトをつけて発着する飛行機を間近に見れる光景には圧倒されると思います。

車?電車?バス?

さて、このスカイデッキに行く方法いく通りかあります。

一つは車。

関西空港連絡橋を渡り関空展望ホール スカイビューへ行く方法。
www.kansai-airport.or.jp

もう一つは電車。
JRなら日根野駅から、南海電鉄なら泉佐野駅から関西空港行きの電車が出ています。

関西空港に着いたら、第一ターミナルビル1番乗り場より展望ホール行きシャトルバスが出ているのでそれに乗って展望ホールへ向かうことができます。

そして、最後にバス。
各地からバスが出ていますがもっとも関空から近いところからだと、りんくうプレミアムアウトレットから関西国際空港へ向かうバスが出ています。
りんくう・プレミアムアウトレット | のりば案内 | 【公式】関西国際空港のエアポートリムジンバス・時刻表・のりば・運賃・全路線一覧(関西空港交通株式会社)
バス乗り場はこちら。このバスだと途中に展望ホールへ寄ってくれるので電車よりも便利かもしれませんね。

ただ、このバスの場合、花火が終わる時間には最終のバスが出ているので、帰りは電車に乗ることになってしまいそうです。

2018年のりんくう花火大会は盛大なようです。

2018年のりんくう花火は盛大に行われるようです(昨年は3000発だったそうです。今年は倍以上。)

距離はありますが、のんびりと見れる穴場スポットとなりそうな関西国際空港展望台 スカイデッキから花火鑑賞はいかがですか。