足をついてもいいやんか

のんびり、休憩しながらですよ

WatchOS5にしたら健康上の問題が出てきた

こんにちは、いちごようかんです。

僕はApple Watchのseries3を使っているのですが、先日WatchOS5のアップデートがきました。

そのアップデートの中に心拍数が設定値より下がっている状態が10分間続いたことがApple Watchで検出された場合に通知が送信されるという「低心拍数」という項目が追加されたのです。

デフォルトで40でしたのでそのままにしておいたら、たまーにですがその低心拍の通知が出るようになったのです。

心拍数 40以下!?

よく、長距離アスリートの方などでは心拍数が低いと言われたりしますよね。

ただ、僕は長距離アスリートではなく運動もほとんどしていないおじさん体系のまぁ、そのはっきり言えばメタボってる感じです。

それなのになぜ心拍数40以下とかになるのでしょうか。

心拍数 40以下で検索してみた

・・・ペースメーカ!?

色々と出てきますがペースメーカーという言葉がちらほらと出て来る検索結果となりました。

そんなにまずいことなのでしょうか。

日常生活では特に困っているような事はないのですが、ふらつくとか立ちくらみを起こすとかもほとんどありませんし。

とは言え、あまりにもこの通知が続くようであれば、一度お医者さんに相談をしてみようかと思います。