足をついてもいいやんか

のんびり、休憩しながらですよ

双極性障害をコントロールする?うまく付き合っていく?

1週間ほど前に躁転してどんどんと躁がひどくなってきているようだ。

昨晩は躁状態を抑えるのにすごく大変だった。

僕の場合は躁状態になるとイライラしたり焦燥感を強く感じたりすることが多い。

結局昨日の晩はイライラや焦燥感から、大声を出したくなったり服を破ったりした。

こういった不穏な状態の時のために出されている頓服も一日の限度量である3錠全て使いなんとか眠ることができた。


こうなってきて不安なのは、仕事ができる状態なのかどうかだ。

鬱状態のときのように動けないとかそういったことであれば、あまり良くないが休んでしまえば良い。

しかし躁状態は動けてしまうためそういうふうには行かない。

イライラしたり焦燥感から仕事に支障が出てしまわないかが怖い。

しかも僕の仕事は対人援助だ。もし、イライラなどから援助対象者に怒鳴ってしまったり、虐待と呼ばれるような状態を行ってしまってはそれは仕事ができているとは言えない状態になってしまう。

もちろん、イライラしているなどの自覚が出た時にすぐに頓服を使うように意識はしていくが、躁状態のときはどうも頓服のことを忘れがちになってしまうようで、昨日も頓服を使ったのは本当に最後の手段かのように使っていた。

頓服は最後の手段ではなくコントロールのための手段であるはずなのに。


なぜ、このようなことになってしまっているのか。

僕が双極性障害となってからまだ病歴が浅くコントロールの術をあまりしらないからなのか。

一生付き合っていかなければいけない病気であるわけだから、やはりコントロールできなければやっていけないと思う。

世の中にはうまくコントロールしている人もいるようだ。しかし僕はまだ上手くコントロールできていない。

どのようにすればコントロールできるだろうか。やっぱり頓服くらいしかないんだろうか。

コントロールするというよりもうまく付き合っていくという考え方が正しいのだろうか。


結局の所、自分でできることと言えば規則正しい生活リズムと頓服を適切なタイミングで飲むことくらい。

あとは、通院をちゃんと行ってドクターとしっかりと話しをして服薬調整を行っていくこと何でしょうね。

そうやって、病気とうまく付き合っていく。躁と鬱のピークをなるべく低く抑えていくこと。

これに尽きるのかなぁと思いました。