足をついてもいいやんか

のんびり、休憩しながらですよ

ストレスのはけ口にブログは使えるのかどうかという主題にしておく

双極性感情障害は治る(寛解する)のか

出だしから既に飛ばし気味の感じがします。

結論を言います。ただ、僕の思っている結論で言いますが、他の人がどう思ってるかは知りませんし、あくまでも僕個人の意見としてこの結論や記事を読み進めて頂けたらと思います。

あと、僕はただの一患者です。医療関係者ではありませんので本当に個人の考え、感覚を語るだけです。

その上で、結論としては双極性感情障害に治る、寛解すると言うことはないと思っています。

基本的に気分安定薬で躁と鬱の波を抑えるだけ抑え、抑えきれない部分は他の薬を使っていくと言う感じなのではないかと思っています。

何故、こんなことを突然書き始めたかというと、最近自分の周りから、長く通院しているけれどもまだ治らないのかと言われたり、休職したことに対して嫌味のようなことを言われたりすることがあったからです。その言ってきた人には病名を教えていないので当然と言えば当然なんですが(うつ病ということにしている)、なんとなく釈然としない感情が自分の中に沸き立ったのでこんな出だしで記事を書いてストレス発散しようとしているのです。

というか、ストレスの発散になってるのかな。自分の現状を再確認しているだけのような気もしますが。

自暴自棄になっているという感じでしょうかね。似ているところで言えば。

ただ、僕はドクターからお酒は止められているし、現在禁煙中ですし、大きな声を出せば嫁に集合住宅での迷惑行為について甘く考えすぎだと怒られ、自傷をすればおそらくまた仕事に支障が出るでしょう。バレなければ大丈夫だと思うかもしれませんが現在軽躁なので喋りたくて仕方ない状態で黙ってることなんてできないと思います。

そんな感じでストレスの発散が結構限られているような気がするのです。

そんなストレスの発散方法の一つにお金を使うことがありますが、前回の記事で書いたように、MacBook Proを買ってしまうという暴挙に出てしまいました。

これも躁、あるいは軽躁状態からしてしまったことだと思いますが、カードの上限金額をあげるという手法を思いつきすぐに申請をして、次の日の夕方に限度額が上がったことを確認したらすぐにネットからMBPを注文して店舗に取りに行くことにしていました。

自分でもここまでよくやったなと思います。ただ、まだ反省しているとか後悔しているとかがないので鬱状態にはなってないなぁと自認しています。

しかし、こんなストレスの発散を続けていれば破産してしまいます。MBPのエントリーモデルとは言えそれなりにはしたわけですし。

なので、文字にしてストレスの発散ができないかと思い、こんな文章を書いています。

ちょうどMBPという新しい書けるものがあるわけですし。


ここまで書いて少しスッキリしたような気がしないでもないです。


…さてここまで色々と書きました。

わかっていただけていると思いますが、MacBook Pro。勢いで買ってます。

MBPを持っているというという所有欲とかただ、新しいものが欲しかっただけだとか、理由はそんなもんです。

そこに双極性障害が乗っかって勢い付いただけなのです。

なので何に使うとか、どう使うとかあまり考えなく買ってしまいました。

手放すという選択肢はあまり取りたくありません。所有欲がなくなってしまいます。

なので必死に使い道を考えるしかありません。


嫁や家族には動画の編集などで使うんだよとか色々といっていますが、正直言って動画の編集はiMacの方がやりやすいですしあまり理由にはなりません。

まぁ、買ってみないと分からなかった点でもありますが。

そんな感じで、持て余している感がやっと打ち明けられてホッとしている状態です。ふぅ。


で、今日の主題はMacBook Proをどう使えばいいのか考える。です。導入が長いですね。


まぁ、普通のノートパソコンとして文字打ちとして使うことは決定しています。今もMBPで書いてますしね。

あと、iMacだとどうしても自室に篭ってしまうことになりますが、MBPだとリビングで作業ができます。そういう使い方もできますね。

今日は突然の大雨と雷雨がありましたが、iMacが雷の影響で停電したのですが、再起動が結構手間取りまして一瞬壊れたかと思いました。

そういう時に同じMacのシステムであるMBPがあれば予備機としての役割を持つことができますね。


と考えると結構色々と役割ありますね。MBP。

どうでしょう、皆さんはこんな感じで持て余しているということはないですかね。パソコンとかノートパソコンを。


まぁ、これからも使い道は増えていくかもしれませんし、後悔なんてする必要ないですよね。

と文章にしていくと自分がいかに衝動的にMacBook Proを購入したのか客観的に見れてしまい、やっぱり躁が入ってるんだなぁということがよくわかります。

で、明日通院なので、この状態をドクターに説明しなければなりません。

ついでなので、MacBook Proで文章にして持って行きましょうか。毎回通院時に作る文章をMBPで作る。これも大事な役割ですね。

今まではiPhoneiMacで作っていたのですが、MBPを使うことにしましょう。


そんなわけで、いくつかの使い道を思いついたのでこの記事はおしまいです。

で、最初に書きましたが、これはあくまでも双極性障害の一患者の考えや感覚であり、他の方がどのように考えられているかはそれぞれ違うと思います。

双極性障害のみんながみんなこんな感じというわけではないと思いますので、そこだけよろしくお願いします。