足をついてもいいやんか

のんびり、休憩しながらですよ

三男のお宮参り

三男のお宮参りをしてきました。

本来、だいたい生後1ヶ月ほどで行くものですが、うちは諸事情により生後半年くらいでのお宮参りとなりました。

最初は次男と長女と同じ神社でお宮参りをしようかと思っていたのですが、予約を取ろうと電話をしたところ、祈祷料が値上がりしていたこと。また、引っ越しをしていたのでその土地の神様の神社にて行う方がいいのではないかという考えで、次男と長女がお宮参りした神社ではなく、住んでいる同じ市内の神社の中でお宮参りを行なっているという情報がある神社を探し、そこで行うことになりました。

お宮参り当日は朝10時30分を予約していたのですが、色々とバタバタとしてしまい少し遅れてしまいました。
幸い、遅れたからと言って何もなかったのですが、平日で他の予約が入っていなかったとのことだったので、人気の神社や都市部にある神社などでは遅れる際は連絡をする方がスムーズにことが運ぶと思います。

お宮参り、正式には初宮参りの祭事だったかな、が始まってからは祝詞を聞いたりお祓いを受けたり、玉串を奉納したりと全て説明しながらしていただけたので、こちらは特に困ることなく三男が泣くこともなく厳かに終わったという感じでした。

最後にお土産としていくつかのものをいただけると思うのですが、通常生後1ヶ月程度でお宮参りをするため、お食い初め(生後100日)の食器のセットなどが多いと思います。うちは生後半年を過ぎていたためお食い初めとしては使えないなぁということで通常の食器として使おうかという話をしました。

そういうわけで、お宮参り、やっとですが無事に終えることができました。