足をついてもいいやんか

のんびり、休憩しながらですよ

[手掌多汗症]呼吸器外科の診察を受け手術してもらえることになりました。

呼吸器外科の診察へ行ってきました。

前回精神科の診察でコテンパンにやられたので、やられっぱなしにならないよう、しっかりという事は言うぞと心構えをして診察室へ入りました。

診察室へ入るとまぁ、当然ながら精神科からの情報は伝わっていたわけで、近くでほかに同じ手術をしてくれる病院は〇〇しか無いですよと、少し話をしただけなのに先に先生の方から言ってくれました。ただ、僕の家からだと少し遠くなることと、検査データは持っていけるけどもまた1から診察などやり直しですねとのこと。

呼吸器外科としても双極性障害は確かに気になるところで、躁状態の時に手術はしたくない事は確かであるけれども、入院を拒否するような事はない。精神科の先生の心配しているような事が起こりそうなら家族がつくで対応できるんじゃないかなぁという事でした。

その上でどちらの病院を選びますかといわれたので、ここでしてもらいたいですという事を伝えました。

じゃあ話を先に進めましょうという事で前回の検査データの中でも胸部CTの画像が出てきました。

まず肺が汚いと言われてそのあと、年齢の割に気胸が進んでいるため、絶対にタバコはもうやめたほうがいいと言われてしまいました。

そういうわけで今は手術のために禁煙してましたが、もうこれから先タバコを吸う事はなくなるでしょう。意外とスムーズに辞めれてますしね。この機会にやめてしまおうと思っています。

で、診察は終わったのですが検査が1つ抜けていたらしく検査を受けました。肺活量を測るみたいな検査で、単純な一杯吸って限界まで吐くという感じではなく、自然な呼吸をしながら指示の元で一杯吸って限界まで吐くといったものや、一秒間にどれだけ息を吐けるかと言った内容でした。

で、実は診察前に入院前指導の様なものを受けていたのですが、前回の精神科の診察のことも伝え呼吸器外科での診察でどうなるかわからないと伝えたのですが、診察でよく話して決めてもらったらいいですから、とりあえず入院前指導しますねーという感じで始まりました。
まぁ、アレルギーがあるか無いかとか、家族構成とか緊急連絡先の確認とか、入院の準備物の説明とかがあって、そのあと薬剤師さんに飲んでる薬の確認をされて、その後栄養士さんから、普段の食事状態(三食食べてるかとか、むせとかそういうの)を聞かれて終わりました。

あと、病院内の色々なところで聞かれるんですけれども、サプリや市販薬飲んで無いですかって。それだけ手術に影響するのかなと思いますが、すごく徹底されてる感じなので驚いています。

入院するって大変だなぁって感じましたが、これも手掌多汗症を治すため。必要なことと思い頑張るしか無いよなぁと思っています。