足をついてもいいやんか

のんびり、休憩しながらですよ

手術まで1週間を切りました。

手掌多汗症の手術まで1週間を切りました。

実は手術を受けるのは初めてで、入院も物心ついてからは初めてなのです。

そんな訳で色々と初めてづくしな中、手術なので少し緊張気味なのですが得られる結果にもドキドキしてますので何やら訳がわからん状態なのです。

で、色々と準備もし始めているのですが、とりあえず、健康保険限度額適用認定証を申請しておいたのですが届きました。一安心です。

とりあえず初めての手術。しかも全身麻酔ということでとても心配していることがあります。

尿道カテーテル入れられるのかということです。

いやまぁ、入れられるらしいんですけれどもね。診察で聞きました。

問題は入れらる時じゃないんです。入れられる時は全身麻酔下で入れられて麻酔が切れた時にはすでに入っている訳ですし、痛みなど気にしなくてもいいんでしょうけれども、立って歩けるということが確認できたら抜かれるそうで、そうなった時。抜くときなんか怖いなぁって思う訳ですよ。

是非とも先輩方の意見を聞いておきたいところではあります。はい。


あとは、状態があまり良くなくて入院が伸びるという事態が怖いというか不安で仕方がないのです。

実は以前の記事にも上げましたが、今年度の有給休暇が僕は付与されていません。これは年度の勤務日数と実際働いた人数で計算した時に8割出勤していないといけないそうなのですがその8割に達していなかったので有給休暇は付与されないという事になりました。これは仕方のない事なのですが、なので休めば休むほど欠勤となり給料が減っていくという事になります。なので退院日の翌日から勤務を入れてあるので、もし入院が伸びてしまうと困った事になってしまうのです。給料は減るわ、勤務に入れないので迷惑はかけるわ、これはなるべくなら避けたいところです。

さらに翌週には絶対に外せない仕事上の予定が入っているため、退院予定日は金曜日でそれが伸びるということはほぼ退院が月曜日になる可能性が高いであろうと考えられる(土日の退院は担当の医師がいない可能性が高いためあり得ないと思われる)ので、月曜退院なんて事になってしまうと本当に仕事上まずいのです。それが不安で仕方ありません。現実には起こるかどうかなんてわからないことでも不安感が強く出てしまうのは僕の持っている病気のせいでもあるのでしょうが、とにかく不安なのです。

そういう訳で、手術などに不安感を感じているというよりも、その後の予定に不安感を感じるというところの方が大きいかなぁと今のところ感じています。

変ですよね。普通手術に不安感を覚えるものですよね。でも僕はそのあとの予定、特に他者(職場)に影響を与えてしまうような予定の変更に不安を強く感じます。

こういう病気なんですかね。社交不安症というのは。よくわかりませんけれども。