足をついてもいいやんか

のんびり、休憩しながらですよ

MacBook Proが不調なのでジーニアスバーに行ってきました。

MacBook Proが不調でチラつきや色味の変化があり、使いにくい状態になっていました。

写真ではチラつきは分かりませんが色味の変化はMacを使っている人なら分かってもらえるかと思います。

以前の記事で電話サポートを受け、クリーンインストールを行ったことまでは書きました。
ichigoyoukan.hatenablog.com

結局直らなかったためジーニアスバーに行くことにしました。

と思ったのがお正月の三ヶ日中。実は一度4日に行くことにしていました。


ただ、この時午前中に抜糸のため病院に行っていたのですが、
ichigoyoukan.hatenablog.com
予想外に早く終わり、14時で予約を取っていたので時間が空きすぎて暇だなと思いもし、予約時間に空きがあれば早い時間で取り直しができないかと思いアップルストア心斎橋のホームページから予約の取り直しを行いました。ところが。
ちょうどいい時間が空いてる!と思ってそこをタップしてしまったら翌日だったことに後から気づき、もう予約は変更されてしまい、キャンセルをかけることに。慌てるといい事ありませんね。

しかし、サポートは受けないとMacBookが不調のままなのでジーニアスバーを仕事が休みの日に取り直すことにして、行ってきました。

着いたのは予約した時間のほぼ1時間前。雨のためか比較的アップルストアが空いておりもしかしたら早く見てもらえるかもしれないと思い早いとは思いながらチェックインしてみることに。ジーニアスバーの受付の人に予約時間と名前を伝えたところ、Macを診ることが出来るスタッフは少ないため時間通りでしか診ることができませんので、10分前くらいにまた来てくださいと言われて、こちらの思惑は見事に外れてしまうことになりました。

近くのスタバで時間をつぶし、5分前くらいに再びアップルストアへ。今度は席に案内され担当者が来るまでにMacBookを開いておいてくださいと言われました。

言われた通りにMacBookを開き待っていたところ担当の方がこられ、早速見てもらいましたところすぐに答えが出ました。担当の方の経験から十中八九グラフィックの部品かディスプレイの故障で表示がきちんと出来ていないと思われますということでした。そこからアップルストアではどうにも出来ないので修理工場の方に回す必要があるということで、預かり修理が必要であり構わないかどうかということや保証期間かどうかなどの確認、データのバックアップは大丈夫かなどの質問をされ、答えて行きました。

保証期間内であることなどの確認が取れたため今回は無償修理で行けると思いますとの事だったので預かってもらい修理をお願いすることにしました。メールアドレスと電話番号、住所を入力し、いくつかの書類とiPadにサインをして完了となりました。修理期間は1週間から十日ほどかかるとの事でした。
そして最後に、もしディスプレイの修理が必要となった場合、貼ってあるステッカーが全部無くなることになりますがよろしいですかと確認され構いません〜と答えて終わりました。15分ほどで手続きは完了しました。

そういうわけでしばらくの間MacBook Proが使えなくなってしまいました。ノート型のPCが使えないのは中々不便で、家に帰って早速不便さを感じています。

そういうわけで、早く修理終わって無事帰ってきてーという感じですね。