足をついてもいいやんか

のんびり、休憩しながらですよ

立場ある人からの心ない発言から調子を悪くしています。

職場で新年会がありました。
新年会自体はとても楽しく過ごせました。

新年会が終わって、店から出たところで、その場で一番立場が上の人から、「今日は飲んだの?」と聞かれました。
僕は薬も飲んでますし、お酒で暴れたこともあるので外でお酒を飲むことはやめています。ドクターストップということにしているので、「飲めないのです、ドクターストップで」と返しました。その人は僕の病気のことなどは知っているはずにもかかわらず、その言葉に対してこう返してきました。「あのなぁ、こういう場で酒が飲めるかどうか試していかなあかんで」と。新年会が終わったところで、周りも楽しい気分だったろうし、あまりことを荒立てたくなくて「はぁ…そうですねぇ。」という感じで返していたのですが、その人の自身のことを交えて病気でも自分は飲んでるんだという無茶苦茶な説を言い出したあたりですごくイライラとしてきました。

とはいえ、折角の新年会の最後でトラブルを起こすのも嫌でしたし、なので話を合わせその場は何事もなく終わりました。そして帰り道、同じ方向の人がいなくなった瞬間、圧倒的な怒りと不信感が湧いてきたのです。無意識のうちに押さえ込んでいたのだと思いますが、実際は相当頭に来ていたようでした。

電車の中の酔っ払いにまでイライラしてくるので、このまま普通に帰ると自分が抑えられないのではないかと思い、特急を使ったりタクシーを使ったりして家まで帰ってきました。無駄な出費をさせられたと思いながらも、怒りから我を忘れトラブルを起こすよりはいいかとおもったのです。

家に帰り、妻にその話をしながらイライラとしているので頓服薬を飲むことにして頓服を飲みました。1錠目2錠目3錠目と少し時間を開けながら1日の飲んでいい量である3錠全て飲みきり何とか落ち着きました。しかし頓服を3錠も飲むと翌日に反動でほぼ寝たきりで過ごすことが多く、この時も次の日は休みだったこともありほぼ寝て過ごしてしまいました。

次の日は仕事で、しかも行事がある日で休むと迷惑をかけてしまうので何としてでもいかないとと思い行きました。そこで同僚の人に新年会での出来事を相談してみたところ、とりあえず直の上司に相談してみたらどうだと返答をもらい、そうすることにしました。上司にあとで少しお時間をいただきたいのですがと言いに言った時にとりあえず概要くらいは掻い摘んで説明できそうだったので説明し、少し時間が経ってから時間をとってもらいました。その時に全て伝え、苦情と言う形、本来は外部の人や利用者さんからの相談や苦情を報告する書面を使い、上の施設長まで上げてくれる方法をとってくれたのです。

正直、口頭での注意で終わるだろうなとおもっていたので苦情のシステムを使い書面として残してくれる方法を使ってくれたのは意外ではありましたが、こちらとしてはありがたいものです。

その日の夕方には施設長まで上がり、と言うか上司は直接施設長まで上げてくれたようです。日中は行事があったため、施設長の時間が空いてなかったようでしたが空きしだいすぐに呼ばれ、こちらの事実確認とどのように解決していく方法を望むのか、そして再発防止を約束してくれました。どのように解決していくかは直接当人同士で話し合う場を作るのか、それとも管理職の中で問題の解決を図りそれを報告という形で僕にしてくれるのかという2通りの選択肢をいただきました。当然後者を選びました。今更直接話したところで何ともなりませんし話したいとも思いません。とりあえずそういう形になりました。

僕としては今回のことが書面として残るというところに安心感を、さらに朝に言ったことが夕方には施設長まで上がり対応が始まったところに満足感を感じています。
しかし、やはり今回のことを言ってきた人への不信感は変わらずありますし今後も持ち続けるでしょう。苦手意識として出てしまうでしょう。

そしてこの翌日にはどうにも働く気力が出ず、休むという選択肢を選んでしまっています。
まだ、あの言葉が頭の中に残っていてどうにもやるせなさを感じています。

施設長が言ってくれた、働きやすさを後ろから作る立場の人間がそんなことを言ってしまって申し訳ないと思うという言葉が本当にその通りだなぁと思います。